当時のぼりたかった車を購入してようやく乗れた

免許を取りたての頃、それほどのぼりたい車が無かった。
ですから初めての車は何でもよかったし、車についての知識もなかったので親にすべて任せて車を買った。
余談だが何だか親は新車で見い出し、オプションなども私の相談なく契約寸前まで話を進めていた。
やはりお金は私が支払い初心者らしくコンパクトカーのヴィッツに乗ったのが私の初めての車でだった。

当初はなんの不便も無かったのですが、年月が経つによって
①荷物が惜しくも固める
②高速道路運転時ハンドルがあるくので思い切り運転できる
③だんだんとステーションワゴンに憧れはじめる
④ヴィッツに比べパワーがあってスムーズに運転できる
⑤色は青!
こういう5点に合う車が欲しいと考え始めました。
その後ヴィッツを買って5年後の車検まえにディーラーから電話があり「車検取りますか?新車に取り替えますか?」って打診された。
ローンは今や終わっていたし、ちょうどいいタイミングだと憧れ新車購入を決めた。
契約から1か月半後、手に入れた車が今も乗っている「Wish」です。
国産車の話で申し訳ないが、こういう車を購入して7年になるが今も満足している。

前回は「次にのぼりたい車~」と考えていたが、今は「次もWishにのぼりたい」と思っている。
外車や国内高級車も良いなというが、私にはWishで十分である。
こういう車がひしゃげるまで乗り続けるつもりだが、次回もWishにのぼりたい。
人には人の考えがあるかもしれないが、私にはそんなに魅力がある車です。【車査定】相場の調査法&車査定額が高い業者はココ!