ソリオバンディットは、スズキから販売されている5人乗りの乗用車だ。クールでスタイリッシュな外観に加えて、室内にも様々な先進技術が採用されています。ここからは、そんなソリオバンディットにあたって紹介していきます。
予め、価格は169万円からとなってあり、2WD車といった4WD車というがあります。こういう車は4つのシリーズを通じて展開しているので、広い選択肢の中からお気に入りの1台に出会えます。そのボディカラーは全部で7色あり、力強さを感じさせるようなレッドやバイオレットもラインナップしている。勿論ホワイトやシルバーなどの可愛い色もあるので、所有する人の年代を問いません。
次にインテリアについてですが、室内のがたいは、コンパクトハイトワゴンタイプの中でもクラストップを誇ります。足元の床はフラットな構造なので、各座席間での移動も楽です。また、シートアレンジは4パターンあり、自転車を積んだりフルフラットとして休憩したりと、様々なドライブシーンに対応している。その他、室内を快適に始める装備も充実しています。フルオートエアコンが快適室温を自動でキープする他、窓ガラスには全面UVカット機能が施されているので、痛烈紫外線からも身を守っていただける。
そうして、ソリオバンディットは環境への配慮もされています。アイドリングストップ機能やエネチャージが搭載されているので、無駄なガソリン消費を防ぎます。運転席のメーター内には、エコドライブ採点状況や平均燃費などが表示されるので、楽しみながら低燃費走行を意識することができます。ミニバン 人気

私は初々しいときから車がひどく好きで自分がのぼりたい車にのっていました。身長が180を越えるがたいなのに、ちっちゃな車が当時から大好きで、20代のときは昔のビートルに乗っていました。あの古めかしい感じというなんとも言えないフォルムに引かれて購入を即決しました。いろんな人を乗せてきましたが、まぁ十人十色好き嫌いがあるので、あの雰囲気が好きな人と付き合ったりしていました。その当時付き合っていた人と結婚が決まり、新しい生活が始まりました。そのとたん悲劇が待っていたのです…それまで僕の車に一切口を出さなかった彼女が、「車を取り替えてほしい」と急に言ってきたのです。ぼくにとってはやけに青天の霹靂。結婚してから気分が変わったと言うわけではなく、どうも物がほとんど入らないことと断然燃費にたいして不信感をもちましていたそうです。本当はミニクーパーが次には欲しかったのですが、なんだか2ドアは嫁的に反対。結局愛車を引き渡すことになり、トヨタのプリウスアルファを購入することになりました。ただし、あれですね。とりわけ物がたくさん入りますね~。子供ができてもこういう生活ではまったく問題ないぐらいスペースが広々てわすね!なにが凄いかというと燃費がまるっきり違うね、何しろハイブリッドは酷いだ。ライフスタイルにて車っつ転じるものですね、今ではこういう車にも愛着がわいていらっしゃる。SUV