フィエスタはフォードから販売されている自動車ですが、大きい地域で人気を集める小型のモデルとして長い歴史を誇る車となっています。ハッチバックタイプの自動車として、販売が開始された時期から厳しいレベルの人気を集めてきているのではないかと思います。
フィエスタはモデルチェンジのサイクルが比較的長いことで知られてあり、2代目、3代目のモデルへのモデルチェンジには10年以上のスパンを要しました。代を替えての大規模な刷新をすることなく、小規模改良を与えながら自動車の品質を高めていうことが大きな要因として言えるのではないかと考えられています。現在の4代目のモデルも、今後はちっちゃな改良を含める形式で維持されて行くものというみられていらっしゃる。
また、積極的に北米以外にに出される傾向も長くにわたり見受けられてあり、世界中や地域でフィエスタが利用される状態が継続していくと考えられています。日本でもフィエスタが輸入販売されており、ユーザーは増加し続けているのではないでしょうか。これからも、世界規模でフィエスタが販売されることが貫くと考えられているため、様々方面から大きな期待が寄せられるようになるのではないかと期待されていらっしゃる。 コンパクトカー 比較